気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

もう一つ。すばらしい視聴環境を利用して、宝塚歌劇団関連のいろんな動画、映像を観ました!

この音響システムにPCを接続し、Youtube鑑賞

  • 宝塚メイク勉強
    彩羽真矢さん、ありがとう!
  • 姿月あさとさん&井上芳雄さんの「闇が広がる」視聴
    ※さすがに画素が荒いので、60inchディスプレイ上映

次に、手持ちDVDより

  • 宙組・シトラスの風(2018年)視聴
    ※フルスクリーン上映

再度PCより、楽天TV経由宝塚オンデマンド

  • 姿月あさとさん主演 宙組・エリザベート(1998年)
    ※オンデマンドなので、60inchディスプレイ上映

集まったメンバが、現役ミュージカル女優兼歌い手さん、現役舞台女優さん、エンターテイメント系メジャー雑誌の元雄編集者、なので、エンターテイメントど素人の私などは足元にも及ばないほど、宝塚通のお話がたくさん聞けてめっちゃ楽しい時間となりました。

同時に、超「エリザベート」通でもあるみなさまなので、エリザベートの舞台映像を観ながら、細かいセリフや歌を、全部覚えてて、一緒に歌い、しゃべり、おまけに副音声(役者の心情、役自体の心情など)まで入れてくれる。

もちろん、全員宝塚をリスペクトしているので、映像を観ながら「かっこいいよね~~」「うまいなぁ~」と感嘆の声もあげつつ。。。

残念ながら、今日は1日にやることがとても多かったので、「エリザベート」は”ミルクがない”と騒いでるあたりで時間いっぱいとなりました。

で、次回上映会の予定を立てちゃいました。

次回は、集中ヅカ上映会です!

おそらく「エリザベート」ばかり、いろんな組の、いろんな時代のを見まくる会となりそうです。

宝塚版「エリザベート」のBlu-rayは、とても多くの種類が出ていますが、出演者が違うと全然違う作品になります。 なので、参加者それぞれが持ち寄ったいろんなバージョンの「エリザベート」を見比べられるのです。

すごい!すてき!!(1日で何本観られるのか、という問題もあるw)

今から、トートは○○が一番かっこいい、ルキーニは○○、ルドルフは○○、ゾフィーは。。。なんて話が盛り上がりつつ、解散となりました。

そうそう、現役女優さんたちが「メイク道具持ってくるから、みんなで宝塚メイクしよう!」とも言ってたような。。。(汗)

『夜会工場Vol.2』を視聴したこの日はせっかくこの場に集まったので、なぜかそれに限らずいろいろなことをしました。

一つはマイクテスト。

この部屋のオーナーは、メディア視聴のためだけでなく、ライブルームとして現在着々と機材を揃え、構築中です。

マイクというのはその製品によって音の特徴があるようです。
値段が高い=いい音が出る、というわけではなく、歌い手さんの声や環境によって「好み」で決められていくらしい。(詳しくはわからん)

オーナー:「”夜会工場”でも、みゆきさんのマイクだけ、他のメンバのマイクと違ってたでしょ?」

とおっしゃるが、全然気づかんかった(汗)

で、今回、オーナーは知人の歌い手さんの依頼により、これまで所有していた以外に2本のマイクを揃えたらしい。

オーナー自身は歌わないので、それを今回の上映会に参加してくれた、BelkaStrelkaのボーカル:清水由季さんにテストしてもらったというわけ。

※この写真は、マイクテストではなく、以前にこの部屋で開催したBelkaStrelkaのライブ風景

聞き比べると確かに音が違うなぁ。どれが誰の好みに合うか、由季さんはどれを選んだのか、は割愛するけど、確かに好みの問題ってこういうことなんだなぁというのがよくわかりました。

中島みゆきさんの新しいBlu-ray「夜会工場」が発売されたので、今日は上映会を開催いたしました。

場所はいつもの「たいちょう宅」。とっても素晴らしいオーディオルームなので、その辺の映画館よりいい音で臨場感いっぱいにライブ映像が楽しめます。

『夜会工場』というのは(初めて観たけど)、これまでの夜会で歌われた歌やシーンを再現しつつ新しい方法で表現した、という作品でした。

すべての曲をみゆきさんが歌ってくれるわけではなく、半分くらいかなぁ。あとは夜会の出演者や、長年サブボーカルとしてみゆきさんのステージやレコーディングに参加している杉本和世さんが歌ってくださいます。

なんだか、ちょっぴり「中島みゆきリスペクトライブみたいだなぁ」と思いました;

あ、ちゃんとみゆきさんも歌ってくれます(^^)
とても素敵な作品でした。やっぱすごいなぁ、うん。

今回の年末年始休暇は、土曜日から木曜までの6日間。

私には普段と何も変わらない日々が過ぎています。

昨年、時間いっぱいでやり残している、でも年始始業まで持ち越すとその後の作業に響きそうな課題を片付けつつ、(仕事かよっ!)

昨年後半からはまりだした「宝塚歌劇団・宙組」のBlu-rayを観たり加工したり、オンデマンドの宝塚舞台の観たりしつつ、

木綿着物を洗いまくりつつ、
(干場の問題で1日に2枚ずつ、日焼けしないよう日差しが陰ってから干す)

暖かいところを探して右往左往し、場所取りしまくる3猫をあやしつつ、

という引きこもり生活で時間が過ぎております。

でも全然飽きない。

ずっとこんな生活がいいなぁ。←どんだけ怠け者なんだっ!

新年あけましておめでとうございます。

今年はどんな年になるでしょうか。

世の中は小さな事件は数々起こっているし、世界は地球規模であちこち壊れまくっているけれど、思考キャパが非常に狭い私としては、目の前の、そして身の回りの心配のみで精一杯な一年になるんだろうなと思います。

「私に何ができるんだろう?」

今年もこう思いながら、できそうなことに加担していく一年になることでしょう。

身近な人々が幸せでいられるようお祈りいたします。

右に見えるは、東京ミッドタウン

左に見えるは、六本木ヒルズ

真ん中の見える丸いのは「月」ですよねぇ。

夕方の弊社会議室から見えた風景でした。

11月から12月まで、合計4回ほど東京宝塚劇場に通って観劇した宙組公演『白鷺の城・異人たちのルネサンス』が千秋楽を迎えました。

さすがに私のようなにわかペーペーファンが千秋楽を観に行くことはできませんでしたが、宝塚公演は千秋楽のみ、全国各地のTOHO映画感で「千秋楽生ライブ中継」が開催されるので、本日、それを観てまいりました。

Blu-rayやDVDのような編集されたものではなく、生ライブです。なんとなく公演会場にいるような気分。

※ちなみに、なぜか宝塚では千秋楽を迎える前にBlu-rayが発売されます。

本番千秋楽は、閉演後の舞台挨拶もあります。(普段は、アンコールすらなし。閉幕したらそれで終わりです。貸切イベントなどはまた別だけど。。。)

今回は、本公演を最後に宙組を卒業する方4名、専科へ異動される方1名のご挨拶もありました。

なんかこう。。。感動しました(泣)

愛月さんがいなくなるの、寂しいなぁ。。。

2016年宙組『エリザベート』でのルキーニ役、メディアでしか見たことないけど、よかったなー。何度でも見ちゃう。

レンタル配信でずっと見てたけど、やっぱBlu-ray買っちゃおう。

。。。

それにしても、千秋楽のライブビューイング、いいですねー。お値段は5K円弱です。演目によってちょっと違うみたい。

来年2月の、

  • 宙組博多座公演『黒い瞳』『VIVA! FESTA! in HAKATA』
  • 雪組東京宝塚劇場公演『ファントム』

のライブビューイング中継に申し込んであります。前者は博多ですし、後者は非常にチケット入手が困難だそうです;

機種そのものは最新ではないけれど、

  • 英語キーボード
  • ちっこいWindows Note PC

で探していたらこれを発見。

いつものことではあるけれども、いろんなツールがたんまりプリインストールされている国産PCは対象外。掃除するのがめんどいから。

今回はオンラインゲーム用ではない。動画視聴用。

なんで似合わないピンクなんだ? というご意見は受け付けない。
英語キーボードノートだったから、というのが理由。

HP Spectre x360 Special Edition

ひたすら『 中島みゆき 夜会VOL.20 「リトル・トーキョー」先行販売』のメールを配信してくれるけど、何度見ても予約枚数売り切れなのよ。
メールには『※予定枚数終了の際はご容赦ください』て書いてあるけれども、もし行きたくてチケットが取れない人がいたら、期待して確認しちゃうよね;;わかっててもさ;
売り切れちゃってる公演の案内はやめにして、キャンセル空きが発生した場合のみ、案内メールっていうシステムにできないのかなぁ。ロジック的にはできそうな気がするんだけどなぁ。

ナウシカかぁ。。。私的にはやっぱり『もののけ姫』のほうが歌舞伎にはしやすそうな気がするけれど。

ナウシカねぇ。。。オームはどうするんだろ?巨神兵はどうするんだろ?

と思うのはワタシだけではないはず。
期待して待ちましょう。

前回のNARUTOは、5回も新橋演舞場に通っちゃったけど、ナウシカは1回でいいかな。ま、すんごくよければリピートするかも、という感じでしょうか。

「通い」はジブリファンにお任せします(^^)

上演は2019年12月。※2019年6月は南座で「NARUTO」上演。こっちの方が観たい。

「風の谷のナウシカ」が新作歌舞伎に 宮崎駿作品で初、菊之助、七之助、松也ら出演

 

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報