気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

Archives for 日々の独り言 category

待ちに待った新作歌舞伎NARUTO。

同じく新作歌舞伎ワンピースで活躍した、坂東巳之助さんのNARUTOと中村隼人さんのサスケ。うーん、かっこいい(^^))

そもそもNARUTOは忍者の漫画なのだから、ワンピースよりも歌舞伎には向いているはず、と、かねがね思っていた。それが現実となったわけです。どうもありがとう!

さて、新作歌舞伎NARUTOは、原作のどのシーズンを題材にしたかが気になるところでしょう。

私は何も想像はしていなかったのだけど、『まさかね』とハナから除外していた結果が待っていました。

なんと、波の国が終わったあたりから、最後までです。漫画でいうと、5巻の途中から72巻までです。 えーっ、うっそー!って感じwww

さてさて、登場人物としては、

ナルト、サスケ、カカシ、イルカ、ヒルゼン(三代目)、自来也、大蛇丸、カブト、綱手、シズネ、ミナト、クシナ、コナル、ホムラ、一楽のおやじ、フガク(サスケ父)、ミコト(サスケ母)、ビワコ(ヒルゼン妻)、イタチ、鬼鮫、飛弾、角都、デイダラ、サソリ、トビ、マダラ、初代柱間、二代目扉間、大蝦蟇仙人(声のみ)、フカサク、九尾(声のみ)
※トビとマダラは、最初からマダラでまとめられてたような。。。オビトはいなかったっす。オビトを出すとカカシの物語もいれなくちゃいけなくなっちゃうからなぁ;

って感じかなぁ。他に誰か出たかなぁ。

ちなみに九尾は九尾としてのみ。腹を割った九喇嘛は出て来ず。最後はナルトとサスケが一緒に戦った、という感じでした。

ストーリーはとにかく詰めに詰められたものだったけど、名言的なものはきっちり押さえられてました。名言を言うキャラクタはちょっと違ったりすることも多々あったけれど、これも詰めている以上しかたのないこと。

原作をよく知るファンはこういう点に不満を言う人もいるんだろうけれど、同じく原作をよく知るファンとして、私は改めて歌舞伎として表現してくれたことに感謝する気持ちの方が大きいです。

そうそう!イタチの戦いの立ち回りがめっちゃスピーディーでかっこいい!と思っていたら、イタチ役の市瀬秀和さんは、ライブスペクタクル・NARUTOの「イルカ先生」役、兼、殺陣指導をやられてた方なんですね。かっこいいはずだ~。納得w

お弁当はナルト弁当。当然、ナルトが入ってますw

今月はほぼ毎週観に行く予定。

すでに2枚は消費済みですw

あと3回行きますが、この後はどういう感想が追加されるのか。何か新発見することがあるんだろうか。

 

以前より何度かご紹介している、たいちょうの自宅に作られたこだわりのリスニングルーム。音を聴くためにこんなにお金と時間と労力を使うなんて、もうほんとになんというか。。。

「聴く」ための部屋で「生演奏」をするとどうなるんだろう?ということで、今回、たいちょうはさらにライブスペースとして機材を拡張。

そして、私が応援する『BelkaStrelka』というグループをご招待し、ライブ実演していただきました。

するとどうでしょう!なんとまぁ。。。なんと言葉に表せばよいかわからないくらい、感動的でした。

やっぱり音を聴く部屋は、メディアから出た音だけではなく、生の音もめっちゃよく響くんですね。

私は、BelkaStrelkaのライブはあちこちのお店やホールで聴いているけれど、どこよりもいい音でした。楽器の音も、ヴォーカルも、すべてが調和してよく聞こえるのです。この部屋を作ったたいちょうご本人が感動するくらいでした。

すごいなぁ、環境って音楽にこんなに大きく影響するもんなんですね。

ここに録音設備が整ったら、さらにどんなに素敵なことか!

ただし、たいちょうのご自宅なので、録音中にセツ(サモエド犬)の声がコーラスとして入る可能性大ですけどね(謎)

今日は珍しく社外へ外出。地下鉄の改札を通る人々が見えるカフェでお昼を食べてると、お相撲さん二人が通りかかった。

あれーお相撲さんの帯って、角帯というか、半巾帯位に太いんだなぁ。あれは半巾帯なのかなぁ。
と思いました。

以上。

さ、MTGに行こうっと。

新橋演舞場で8月から公開される新作歌舞伎『NARUTO』。一般チケット発売は6月23日だけれど、松竹歌舞伎会員になれば先行チケット予約ができます。
ってことで、会員になってチケット押さえちゃいました。
先行チケットは4枚までしか購入できないけれど、4枚とも別の日でGET。
8月は毎週新橋演舞場に通います。ふっふっふ。

自宅メインPCに電源が入らなくなってから、HDDが生きているかどうかわからないから、とりあえず電源の入らない筐体から外して、別PCに接続して生存チェックだけでもしようかと考えていた。

でも私の筐体、でかいのよね。設置位置から引っ張り出して筐体を開けるだけでも大した重労働なのよね。メンドクサイ。。。

とりあえず、新しいPCの物色をしよーっと。

私は早々に諦め、Tablet端末で「次はどのPCにしようかな」といろいろと物色していた。

筐体、CPU、メモリ、ビデオボード。。。あーでもない、こーでもない。

これは高いなぁ。この筐体だとやっぱ熱暴走しそうかなぁ。。。とか。

いろいろ物色していると「これがいいかな」と思ったPCが、ネット通販ではなく実店舗ならば5月いっぱい2万円引き、という広告が目に入った。

2万はちょっと大きいでしょ。

オンラインで注文するのはいったん中断し、実店舗に行くかどうか考えることにして、とりあえずいったん新PC物色は中断

夕食のカレーを作り始めた。

この間、どのくらいの時間が経っただろう?

キッチンから戻り、ふとPCを見ると。。。

再起動していた!

ディスプレイにはいつもの壁紙。

そして、インストール途中だったBlu-ray付属のソフトのユーザ登録画面が。。。

ど、どゆこと?え?なに?ずっと再起動途中だったん?

でも電源ランプついてなかったし、PC本体も動いている風はなかったよ?

小一時間、放置していたよ?

。。。。。。。。

そして今、PCはいつも通りに使えている。

HDD内も今まで通り。

新しいPCを物色してたのが無駄になった。
本体も解体してなくてよかった。

一体何が起こったのかしら。。。

お騒がせしました(爆)

外付けのBlu-rayディスクを繋げて、添付のソフトをインストして起動したら固まった。

しょーがないからPC再起動したら再起動中のメッセージでまた固まってしまった。

しょーがないから電源長押しで強制的に電源落とした。

そしたらもう二度と通電しなくなった。

そりゃま、壊れるわな、という状況なので諦めよう。

ダメダメオペレーションをしたのは自覚している(爆)

HDDの中身が残ってたらいいなぁ。

ま、電子データは消えるのは一瞬。

ダメだったら諦めるしかない。

重要情報はオンラインstorageにある。

HDDに残してるのは『消えたらまた作る、あるいはインストールすればいっか、時間かかるけど』的なもの。

ある意味、断捨離。

さ、次のPCはどんなのにしよっかな。

予定外の出費だけど、帯より全然安い(;^o^)

このキレイなピンクは貝紫です。綾の手紬染織工房の木綿チーフでこんな素敵なものを作ってもらっちゃった!

吊り下げ用金具のついたがま口だから、ぺたこさんの金具を使えば、腰ひもにぶら下げられますね

(^_^)v「材料があまったから」とティッシュケースまで 。。。

キレイです。これは商品化して売るべきです!ってオススメしちゃった。

嬉しいなぁ(( *´艸`)

ありがとうございます!

梅雨が近くなって涼しくなるのはありがたいけれども、やはり雨は憂鬱ですねぇ。。、
洗濯物が干せないよう。

洗いたい着物も何枚もあるんだけどなぁ。

そうそう、私は着物は夜に洗ってベランダに干して、朝、直射日光が当たる前に取り込んでしまい、室内干しに変更。それ以外の洗濯物をベランダに干してから出勤するのが日常です。

あ、洗う着物があるときは、ですけど。

深夜帰宅が続くとそれもなかなかできませんけどね。

洗う着物はざっくり本だたみにして、着物用洗濯ネットにセット。きっちりとは畳みません。どのみち、洗濯機でグルグルしてるとずれちゃうし、ずれないくらいきっちりしてると、逆に洗えてるのか?と不安になるしw

1分程の脱水で仕上がったら、また水をためて、改めてビチョビチョにします。シワを取るためです。

んで、干すときはプラダン(プラスチックダンボール)の板にピッチリ貼り付けて、要所要所を洗濯ばさみで止めて干します。ビチョビチョのまま、縦に洗い張りしてる感じ。ここで生地の伸びや縫い目の歪みもちゃんと真っ直ぐにします。

これで木綿着物も麻着物もノーアイロンできれいに仕上がります。

ふふふ。

by 圭

朝から予測気温が27度とか言われると、もう迷いなく麻着物を選んでしまう。

なるべく「明らかに清涼感のある夏物」っぽくないのを選ぶのが精一杯です。

by 圭

デュオ結成当時から、可能な限りライブに通い、応援している『Belkastrelka』というギター&ヴォーカルコンビ。

黛圭くんという、なんとなく不思議な詩と曲を書くギタリストと、清水由季さんという、女優兼歌い手のお二人が、この度FirstAlbumをリリースしました。

これまではギター一本、たまにピアノやチェロなどのゲスト演奏者もいたけれど、それでも十分素敵な演奏だったけれど、なんとなく曲のよさがわかるようなわからないような、すごい曲だなぁと思いつつも、よすぎてわかりにくい、受け入れられにくいんじゃないかと思ってました。(ごめん!)

ところがところが、ミュージシャン28人参加、すべて生演奏によるレコーディングという作品に仕上がると、こんなにもカッコいいものになるんだなと、驚きました。

圭くん(あたしじゃないぞw)、すごい!

由季さん、すごい。

いつもはWalkmanでみゆきさんの曲のみ、延々と垂れ流して聴いているのだけど、今はBelkastrelka の曲を聴き続けています。

心地いいし、飽きない。マジで。

4月15日、由季さんのお誕生日にレコ発ライブで、圭くんは「気が滅入るから食事時には聴かないように」とか、ワケわかんない自虐的コメントをしてたけど、全然そんなことないwww

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報