気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

Archives for 宝塚関連 category

もう一つ。すばらしい視聴環境を利用して、宝塚歌劇団関連のいろんな動画、映像を観ました!

この音響システムにPCを接続し、Youtube鑑賞

  • 宝塚メイク勉強
    彩羽真矢さん、ありがとう!
  • 姿月あさとさん&井上芳雄さんの「闇が広がる」視聴
    ※さすがに画素が荒いので、60inchディスプレイ上映

次に、手持ちDVDより

  • 宙組・シトラスの風(2018年)視聴
    ※フルスクリーン上映

再度PCより、楽天TV経由宝塚オンデマンド

  • 姿月あさとさん主演 宙組・エリザベート(1998年)
    ※オンデマンドなので、60inchディスプレイ上映

集まったメンバが、現役ミュージカル女優兼歌い手さん、現役舞台女優さん、エンターテイメント系メジャー雑誌の元雄編集者、なので、エンターテイメントど素人の私などは足元にも及ばないほど、宝塚通のお話がたくさん聞けてめっちゃ楽しい時間となりました。

同時に、超「エリザベート」通でもあるみなさまなので、エリザベートの舞台映像を観ながら、細かいセリフや歌を、全部覚えてて、一緒に歌い、しゃべり、おまけに副音声(役者の心情、役自体の心情など)まで入れてくれる。

もちろん、全員宝塚をリスペクトしているので、映像を観ながら「かっこいいよね~~」「うまいなぁ~」と感嘆の声もあげつつ。。。

残念ながら、今日は1日にやることがとても多かったので、「エリザベート」は”ミルクがない”と騒いでるあたりで時間いっぱいとなりました。

で、次回上映会の予定を立てちゃいました。

次回は、集中ヅカ上映会です!

おそらく「エリザベート」ばかり、いろんな組の、いろんな時代のを見まくる会となりそうです。

宝塚版「エリザベート」のBlu-rayは、とても多くの種類が出ていますが、出演者が違うと全然違う作品になります。 なので、参加者それぞれが持ち寄ったいろんなバージョンの「エリザベート」を見比べられるのです。

すごい!すてき!!(1日で何本観られるのか、という問題もあるw)

今から、トートは○○が一番かっこいい、ルキーニは○○、ルドルフは○○、ゾフィーは。。。なんて話が盛り上がりつつ、解散となりました。

そうそう、現役女優さんたちが「メイク道具持ってくるから、みんなで宝塚メイクしよう!」とも言ってたような。。。(汗)

11月から12月まで、合計4回ほど東京宝塚劇場に通って観劇した宙組公演『白鷺の城・異人たちのルネサンス』が千秋楽を迎えました。

さすがに私のようなにわかペーペーファンが千秋楽を観に行くことはできませんでしたが、宝塚公演は千秋楽のみ、全国各地のTOHO映画感で「千秋楽生ライブ中継」が開催されるので、本日、それを観てまいりました。

Blu-rayやDVDのような編集されたものではなく、生ライブです。なんとなく公演会場にいるような気分。

※ちなみに、なぜか宝塚では千秋楽を迎える前にBlu-rayが発売されます。

本番千秋楽は、閉演後の舞台挨拶もあります。(普段は、アンコールすらなし。閉幕したらそれで終わりです。貸切イベントなどはまた別だけど。。。)

今回は、本公演を最後に宙組を卒業する方4名、専科へ異動される方1名のご挨拶もありました。

なんかこう。。。感動しました(泣)

愛月さんがいなくなるの、寂しいなぁ。。。

2016年宙組『エリザベート』でのルキーニ役、メディアでしか見たことないけど、よかったなー。何度でも見ちゃう。

レンタル配信でずっと見てたけど、やっぱBlu-ray買っちゃおう。

。。。

それにしても、千秋楽のライブビューイング、いいですねー。お値段は5K円弱です。演目によってちょっと違うみたい。

来年2月の、

  • 宙組博多座公演『黒い瞳』『VIVA! FESTA! in HAKATA』
  • 雪組東京宝塚劇場公演『ファントム』

のライブビューイング中継に申し込んであります。前者は博多ですし、後者は非常にチケット入手が困難だそうです;

この夏あたりから、実はミュージカルや音楽ライブに加えて、宝塚歌劇団の鑑賞機会が増えております。

応援しているのは『宙組(そらぐみ)』

今、東京宝塚劇場(日比谷)で上演されているのは

『白鷺の城』 と 『異人たちのルネサンス』

今回は、11月(後半)~12月の公演。全部で4回行きます。←こんなの、普通の宝塚ファンに比べたら少ないんですけどね。
※新作歌舞伎NARUTOは、5回通っちゃいましたが;

宝塚の観客席はほとんど「熱烈なリピーター」で埋め尽くされているに違いない。と思うほど、みなさん何度も行かれます;;

んで、コレ買っちゃった。

遠目で全体を観ているのもいいんですが、やっぱり応援する俳優さん(タカラジェンヌと呼ばれるらしい)をじっくり見てみたいじゃないですか。

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報