気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

Archives for 宝塚・ミュージカル関連 category

月組も、初の鑑賞です。

『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』と
『クルンテープ 天使の都』
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/mugenmuso/index.html

いきなりで申し訳ないけど、やっぱり私は宝塚の和物演目はあんまり好きじゃないなぁと改めて思いました。

宝塚は華やかで美しくなければ、というのを期待してるからかな。

観ていて「美しいなぁ」と思ったのは、今回の演目で退団となる美弥るりかさん。

いやいや、もう美しい。なぜこの方はトップスターにならなかったんでしょう?

宝塚事情に詳しい方々はいろいろと悲しみの声やら抗議の声やらを語られていますが、そういうのはおまかせしておいて、素人の私はとにかくまぁ「美しい方だなぁ、ずっと観ていたいなぁ」と思うばかりでした。

『夢現無双』の時も美弥さんが出てくるシーンを待ってました;; 変な鑑賞の仕方;;

そもそも月組は初めての鑑賞だったので、トップの珠城りょうさん、美弥さん以外は知らないジェンヌさんばかり。

何も知らない中で「この人は安定していていいなぁ」と思ったのは、実は組長さんでした。なるほど。

宝塚大劇場での千秋楽だったので、すべての公演が終わった後、改めて美弥るりかさんの「サヨナラショー」がありました。

トップスター以外の退団でサヨナラショーが開催されるのは珍しいことだそうです。

それだけ、美弥さんはファンも多かったし、月組の重要人物だったんでしょうね。

私もなんとなく「こんな大きな花がなくなって大丈夫かしら?今日の登場人物の中で穴を埋められる人がいるのかな?」と心配になりました;;

月組の東京での生公演は観に行く予定はありませんが、千秋楽ライブ中継はまた観てみたいな、と思いました。

チケット、とれるかな。

またまた2.5次元ミュージカルを観てまいりました。『ハイネ王室教師』http://www.musical-heine.com/

そもそも「NARUTO」と「HUNTER×HUNTER」以外のアニメはよくわからぬ私。

イケメン若手俳優だの、ゲーム題材の2.5次元舞台だのは当然よくわかりません;;

今日はお友達の有美ちゃんが出演されるからその応援です。

ところがこの舞台、なんだかめっちゃ人気の舞台らしく、チケットは即完売だったそう。私などが観に行っていいのかしら?有美ちゃん以外、よくわからないのに。。。と思っていたのですが。。。

直前に送っていただいたURLからサイトを確認してみると、どうやらこの舞台、アニメの声優さんがそのままそのキャラクターを演じるとのこと。

ほー、なるほど。アニメファンが観ると違和感なく物語が見られるんですね~。まぁ、若干のビジュアルの違いはしかたないとして。。。声優さんだもの、声はかっこいい、セリフはかっこいい。なるほど、これならばチケット即完売も不思議ではない。

原作はまったく知らないものではあったものの、会場は東京ドームシティ。こんな大きな会場で、即日完売チケットで、こんな有名人が出演されるのだから、中途半端な舞台ではありませんでした。

有美ちゃんのおかげですっごくいい席から拝見することができ、とても満足です。

みんないい声。かっこいい。

もう、原作の漫画も読んでみたくなったし(おそらくビジュアルギャップに戸惑うから、アニメの方がいいかもしれないww)、思わずパンフレット買っちゃったもん。

→この時点でこの舞台は大成功でしょう。だって、全然興味を持ってなかった人間を振り向かせられたのだもん。

私にとっては初めての花組公演。『CASANOVA』

トップの明日海りおさんは、5組のトップスターが並ぶ中で「一番(見た目が)かっこいい」と思っていた人だったけれど、実際の公演は観たことがなかった。

といいつつ、実は先月、宝塚大劇場での千秋楽ライブ中継を観てきました。やっぱり演技しててもかっこよくて美しい。これこそ宝塚トップスター。。。んが、実は、別の事情であまりライブ中継のCASANOVAには若干のわだかまりが残った。多くは語るまい。

その後、東京大劇場に生ライブを鑑賞しに行くことに。

で、観てきました。

1回S席の遠い席だったけれど、むしろそれがよかった。

やっぱり明日海りおさんはかっこいい。素敵。

花組、いいですね。組全体で観てても歌もダンスも素敵。

りおさんは昨今退団発表をされました。
なんでも、とても長くトップスターの座を務めていらしたとか。
あまりの人気でなかなかやめさせてもらえなかったとのうわさも聞きました。
そりゃそうかも。かっこいいもの。

で、次回のトップと噂されているのが、柚香光という方。
”ゆずか れい”と読みます。カレーちゃんと呼ばれることも多いらしい。柚子カレー。。。
※柚子ものは割と好きだけど(柚子胡椒とか)、柚子カレーは食べたことないな。。。

彼女、めっちゃかっこいい!ほんと、吊り上がった眼が少女漫画に出てくる男の子のようでかっこいい。

りおさんの退団は非常に残念だけど、カレーちゃんの今後に期待!

細かい話だけど、大劇場の千秋楽のライブ中継で初めてカレーちゃんの歌を聴きました。
歌にうるさい私。。。若干「ん~惜しいなぁ」と思ったりしましたが、今日のカレーちゃん、進化してました!前回気になったところはどこだっけ?と不思議に思いました。

すごいな。日々精進してるのが目に見えて現れているってことなのかも。

今後の柚香光さんに期待します。

実は東京大劇場の千秋楽ライブ中継のチケットにも申し込み済み。
もう一度、りおさんとカレーちゃんが見られるかも、と思うと、とても楽しみです。

この2月、宙組は博多座公演でした。

さすがに貧乏人の私は博多まで出向くことはできませんが、ここでも何度も行っているように、今の宝塚公演は「映画館」で観ることができます。

ってことで、今日は渋谷のTOHOシネマズに行って、公演を観てきました。

公演内容の詳細は、公式ページにてご参照ください。
ミュージカルプレイ『黒い瞳』/スーパーレビュー『VIVA! FESTA! in HAKATA』
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/kuroihitomi/index.html

ここのところ、2018年『エリザベート』、1996年『エリザベート』、つい先日の雪組『ファントム』、2016年東宝版『エリザベート』を延々と観て(というか、聴いて)いたので、久しぶりに「今の宙組」の公演を観た気がします。

私の勝手な感想:

いや~、やっぱり真風さんはかっこいい!
どこの組のトップスターもそれぞれかっこいいけど(内緒だが一部そうは思わない人もいる;)、真風さんはダントツかっこいい。

どうやら素の真風さんご本人は、めっちゃ女子力の高い人らしいのだけど、舞台上でのカッコよさから信じられないほどのギャップ。

男役としてギラギラしてないところも好き。ちょっとシャイっぽいところがあるし「俺ってかっこいいだろ?」的なところもない。

身長も高いし、声も素敵。歌も特徴があって素敵。

なんだか、昔の真風さんは歌に問題があったとか、ダンスがどーだとかのよくない噂があるけれど、昔を知らないから全然気にならないし、向上したのならそれでよし。立派なことです。

トップスターらしく、かっこよさげにアピールなんかもしているのだけど、それもかっこいいんだけど「む、むりしないで;;」と思ってしまうww

※それでも2016年の『エリザベート』の時よりはずっと自然になってると思うw

まぁとにかく、真風さん以外の宙組トップスターは今のところ想像できないっす。

そして今回の公演は、愛月ひかるさんの宙組卒業公演でもあります。

愛月さんも好きだなぁ。『エリザベート』のルキーニもすごくかっこいい。身長もあるし、見た目もめっちゃステキ。”黒い”衣装やお髭をつける役が多いせいか『黒』のイメージがあるかも。今回も黒い人でした。あ、お衣装がw
人間はすごくいい人の役。愛月さんにピッタリだと思いました。

今後、専科に異動になるそうですが、愛月さんを今後もずっと見ていたい私としては、専科行きは賛成。好きなだけ宝塚で楽しんでほしいと思うから。(何故そう思うか、等の細かいことは面倒だから省略;)

今回は宙組二番手の芹香さんが別の公演に出演するため欠席。

そのため愛月さんが二番手を演じ、桜木さんが三番手を演じたということになるのかな。

桜木みなとさんはルックスが「細身の美少年」だから、これまではなんとなく「薄幸の美少年役」(薄幸だからなぜか途中で死んでしまう;;)が多かったのだけど、今回はめっちゃやな奴の役。

やな奴(悪役)ってのは、太っちょも細身の人もいるからなんの不自然さもなかったし、さすがだなぁと思ったけど、やはり応援しているジェンヌさんが悪役ってのはイヤだなぁ、とド素人なことを考えてました。

それにしても金髪の桜木さん、舞台上で見つけやすくて楽だったw

ライブ中継は、定点カメラだから(ズームや引きはあるけれど)、動きの速いジェンヌさんのダンス中は誰が誰だかわからなくなることが多かったんだけど、今回は金髪で助かりましたw(すぐ見つけられた)

娘役トップの星風まどかさんも、更に素敵になってました。

初めて見たときは「めっちゃ可愛いけど、可愛すぎない?大人の女の役とか、大丈夫?」と思ったものだけど、今やそんな心配は全然いらないジェンヌさんですねー。

「真風さん、大好き!」って雰囲気も感じられて見てて幸せな気分になれます。
—–
私は昨年の「天は赤い河のほとり」から宙組公演を観るようになったのだけど、最近はだいぶジェンヌさん個人を見分けられるようになりました。

それでもあまり人の顔を覚えるのは得意じゃないので、まだ全然わからない人もたくさんいます(すみません;)

そんな中、とても印象深くて「この人なしでは成り立たないなぁ」といつもチェックしてしまうのが、純矢ちとせさん。

なんだかわからないけど、すごい存在感ですごい安心感。
私、この方が大好きです。

そして寿つかささん。宙組の組長さんでもあります。この方も絶対見逃さない。出てこられると必ず「あっ!」とチェックしてしまいます。なんだろ、これもやっぱり安心感w

そうそう、そして今回「すごいなー、こりゃ、くるなぁ~」と思ったのが(何をいまさらと怒られそうだけど)和希そらさん。

かっこいい!歌うまい!ダンスうまい! んでも残念!身長がちょっと。。。;

という感じ。でも長所はその1点の弱点を十分カバーしているんじゃないかと思われる。

そうそう他の組を見ていても思うんだけど、あまり身長が高くないトップスターさんは、もう少し上げ底をしてあげてもいいんじゃないかと思うんだなぁ~。。。

そりゃ、コケたら一大事だけども、それを言うなら、あの大階段だって危険を承知で使ってるのでしょう?

背の低いトップスターは引きで観たとき、頭が大きく見えちゃうんですよねぇ。

そうそう、ワタシみたいに「脚延長」するって手もあるね(爆)

私は右足のひざ下を4cm伸ばしました。骨を切って、骨が再生しようとしているところを1日1mmずつ伸ばすことでどんどん再生距離を長くしていき、適当なところで伸ばすのを停めるとその長さまで骨が伸びてくっつくという。。。

ちなみに私の場合、事故で腐ってしまった骨の代わりに移植した骨を伸ばしただけなので保険が適用されました(移植の時に片足だけ短くなってしまったので)が、美容整形で両足やろうとすると保険が利かないのでちょっと高額になるそうだけど。。。

なんてそんな大変なことをやれとはもちろん言いませんが、今の世の中そういうこともできますよって話でした。

宝塚の「エリザベート」ばかり観ていたんですが、「エリザベート」自身に興味を持ってしまった以上、東宝版「エリザベート」を観たいなぁと思っております。

今年も6月から帝国劇場で、2019年度版として上演されるそうですが、評判がいいのは、城田優さんがトートを演じたバージョン。

過去版だからDVDがないかな?と探してみたところ、城田優さんバージョンのみ売り切れでした;

「やはり。。。」

年初に確認した際、”1月17日再販開始”と記載があったので、24日頃再確認したら、すでに再度売り切れ。。。(確認が遅せーよ!と自己突っ込み)

東宝に問い合わせメールしてみたものの、しばらく反応はありませんでした。

んが、12日、再販開始しました、との連絡メールが届きました。

「わお!問い合わせメール、ちゃんと見てくれてたんだ?」

と、わけのわからん観劇をしつつ、無事購入手続きをしました。

出演者:
エリザベート:花總まり
トート:城田 優
フランツ・ヨーゼフ:佐藤隆紀
ルドルフ:古川雄大
ゾフィー:涼風真世
ルキーニ:山崎育三郎
少年ルドルフ:大内 天


感想:

ん~~、いいですねぇ!

これはですね、宝塚版『エリザベート』と比較してはいけません。

同じだけど別物です。

城田優さんのトート、めっちゃ素敵です。トートは黄泉の帝王なんだから、線が細く、美しく、繊細なイメージだったけれど、美しければ男らしくていいんだなぁ。”美しければ”←ここ、大事です。 黄泉の帝王なのだから。うん。

”身長190cm”だそうで、舞台上でも他の男性の出演者より抜きん出て大きい。そこがまた、人間離れしていて、帝王っぽい。

何故か少し日本語の発音が片言なのも、カラコンが効果的な、何を考えているのかわからない視線も、人間離れてしていてよい。

他の役者さんたちもとても素敵です。

ストーリーもより詳細(おそらく原作に近いのでしょう)。

これね、絶対宝塚と比べてはいけない。

宝塚とは客のターゲットが全く違っているのだから、別物になるのは当然。

宝塚はやはり「夢の国」が大前提。
”少女漫画のような夢を世界望む客”のための演出。

それはそれでよい。

でもそれ以外もいい。

。。。なんだか、こうなってくると、ウィーン版の『エリザベート』も観てみたくなりました。

DVD探そうっと。あるのかなー。

事前に予約購入していたので、発売日の12日に『ファントム』のBlu-rayが届きました。

10日に東京宝塚劇場千秋楽のライブ中継を観たばかりだけれど、Blu-rayは宝塚大劇場(兵庫県)版。

予約購入した際、最初は楽天Booksで予約してました。ずいぶん前に。。。それがしばらくして入荷予定が「未定」に変わってしまった。

『ファントム』の評判があまりに高くなっていたので「そうかぁ、楽天まで回ってこないかぁ。。。」と思い、楽天の予約購入はキャンセルし、宝塚オンラインショップ(TCA)で改めて購入予約。

すると、昨日11日、TCAからの発送通知メールと、楽天Booksからも「商品を発送しました」の連絡メール。

なんと!『ファントム』のBlu-rayをキャンセルしたつもりが、キャンセルされたなかったようです;

いや、いくら感動したとはいえ、Blu-ray2枚はいらないなぁ(汗)

さて、どこかで1枚売らなければ。。。と思っていたけれど、FBグループで一声かけたところであっさり引き取り手が現れたので問題解決。

さすが高評価作品です。

ちなみに、TCAからの包みにはTCA Press やら、宝塚goodsのチラシなども入っていました。さすがTCA。

雪組ファントム、めっちゃ評判がよい。

宝塚になんのコネもゆかりもないにわかファンの私にチケットなぞとれるわけもないけれど、今の宝塚は千秋楽ライヴ中継か全国の映画館で放映されるので助かります。

ファントムはつまり『オペラ座の怪人』らしいのだが、そこから私にはなんの予備知識もない。

楽しみです。


鑑賞後:

評判通り、すばらしかった~~。

トップコンビの歌唱力がすばらしい!

宝塚は5つの組があって、組によって「演技力がすばらしい」「ダンスが得意」とか得意分野が違うそうだけど、宝塚である以上、歌唱力は必須能力だと思うのです。

まぁ、私個人がすばらしい歌を聴くのが好き、という好みの問題なんだと思いますけど;;

そういう意味で、鳥肌が立つほどの歌を聴かせて頂きました。

そしてそれにプラスして演技、表現、ダンス、どれも素敵で、物語に入り込めました。そして泣けた~。

東宝版エリザベート、いわゆるウィーン発祥の世界的ミュージカルは、昨今日本でも毎年のように上演されています。

ですが、私は特に接する機会もなく、観に行くことも興味を持つこともなかったのだけれど、ここのところ「宝塚歌劇団」にはまってしまったのをきっかけに「宝塚版エリザベート」を知ってしまい、それ以降すっかりはまってしまいました。

最初に観たのは、1998年宙組公演。楽天TV【宝塚】プレミアムプラン
※つまりオンデマンド動画配信

トート: 姿月あさとさん
エリザベート: 花總まりさん。

いや~、トート、かっこいいっす!
退団後の姿月あさとさんの歌唱動画はYoutubeにもたくさん上がってます。片っ端から見てます。

次に、今現在応援している宙組の2016年宙組公演のBlu-rayを購入。

トートは、朝夏まなとさん
エリザベートは、実咲凜音さん。

もともと、朝夏まなとさんはそーんなに好きじゃなかったんだけど(すみません;)、トートのまなざし、表現力、長い腕のしぐさ、取り回しなど、なんともなんとも美しい。見飽きない。

それとルイージ(愛月ひかるさん)がすごく好き! なんだろなぁ、あの味はあの人ならではのものではないかと思います。

そんなに知見が広いわけではない素人意見だけれども、とにかくあのルイージはずっと見ていたい、聴いていたいと思います。途中のアドリブも楽しいw

こちらは購入したBlu-rayディスクなのでさっそくMP4に変換し、持ち歩き用動画にして、スマホ、タブレットでいつでもどこでも見られる状態にしました。※自分専用なので不正コピーだのなんだの、とやかく言われる覚えはありません。

次に、宝塚でのエリザベート初演、1996年雪組公演のBlu-rayを購入(20thアニバーサリーディスク)

トートは、一路真輝さん
エリザベートは、花總まりさん(1996年と同じ)

一路真輝は、女優さんになられてからのお姿しか知りませんでしたが、これまたとても素敵なトートです。

ルキーニ(轟悠さん)をみて「ハンサム~」と思い、
ゾフィー(朱未知留さん)をみて、ちょっと笑ってしまいました(謎)
いや、素敵なゾフィーです。うん。
素のお姿写真をネットで探してしまいました(少し安心しました(謎))

これまたMP4化してバシバシ見てます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

取りあえず、今のところ繰り返し繰り返し仕事中以外はほぼ全日見ている(タレ流している)んじゃないかと思われる「宝塚版エリザベート」。

今のところBlu-rayディスクをもっているのは宙と雪の2本のみだけど、これからもう少し増やす予定。エリザベートばかり。アホちゃうん?って思いますが、私、はまるとこうなるんです;

購入予定としては、やはり姿月あさとさん版を持ち歩きたい。

あとは、2009年月組の瀬奈じゅんさんのトートを強く勧められています。

あとは、2014年花組の明日海りおさんトートかな。

取りあえずオンデマンド動画をレンタルして拝見し、何度も見たい!と思ったらBlu-rayを購入することにします。

そうそう、東宝版エリザベート。次回は2019年6月から3か月に渡って上演されるそうです。

東宝版は宝塚版とは全然違う解釈(?)で作られているそうです。
※というか、本来東宝版の方が正しい「ミュージカル・エリザベート」なんだけれども;

主演のエリザベートは、(宝塚版の主演はトップスターが演じるトート)

元宝塚の花總まりさんと、
去年2018年に月組公演でエリザベートを演じられた、愛希れいかさん。

きっと観に行きます。帝国劇場!

とにかく私は今「エリザベート」に夢中。

物語自体にもはまっており、現在、宝塚の演出家・小池修一郎さんの小説も読んでいるところです。

ある意味、宝塚版演出の予備知識にもなるので、宝塚版エリザベートが好きな方は是非オススメします。

そうそう「エリザベート」という映画もレンタルDVDで観ました!

※これは、ハンガリー王妃になってバンザーイ!というおめでたいところで終わり、エリザベートの人生の苦悩などにはそんなに触れていなかったような。。。でも世界観はわかりました。そうそう、ゾフィーもそんなに意地悪じゃなかったですw)

ーーーーーーーーーーーーーー

宝塚版のエリザベート本人は、2回死に掛けて生還します。

実は私にも過去2回、完全に死んでもおかしくないバイク事故から何故か生還してしまった経験があります。

そういう意味でもなんとなく惹かれるんです。エリザベートの人生に。

『死を身近に感じながらも今を生きる』、みたいなw

私の場合、トートの愛によって生還したのではなく「お前なぞいらん」と黄泉の国から追い返されたんだと思うんですけどね(爆)

もう一つ。すばらしい視聴環境を利用して、宝塚歌劇団関連のいろんな動画、映像を観ました!

この音響システムにPCを接続し、Youtube鑑賞

  • 宝塚メイク勉強
    彩羽真矢さん、ありがとう!
  • 姿月あさとさん&井上芳雄さんの「闇が広がる」視聴
    ※さすがに画素が荒いので、60inchディスプレイ上映

次に、手持ちDVDより

  • 宙組・シトラスの風(2018年)視聴
    ※フルスクリーン上映

再度PCより、楽天TV経由宝塚オンデマンド

  • 姿月あさとさん主演 宙組・エリザベート(1998年)
    ※オンデマンドなので、60inchディスプレイ上映

集まったメンバが、現役ミュージカル女優兼歌い手さん、現役舞台女優さん、エンターテイメント系メジャー雑誌の元雄編集者、なので、エンターテイメントど素人の私などは足元にも及ばないほど、宝塚通のお話がたくさん聞けてめっちゃ楽しい時間となりました。

同時に、超「エリザベート」通でもあるみなさまなので、エリザベートの舞台映像を観ながら、細かいセリフや歌を、全部覚えてて、一緒に歌い、しゃべり、おまけに副音声(役者の心情、役自体の心情など)まで入れてくれる。

もちろん、全員宝塚をリスペクトしているので、映像を観ながら「かっこいいよね~~」「うまいなぁ~」と感嘆の声もあげつつ。。。

残念ながら、今日は1日にやることがとても多かったので、「エリザベート」は”ミルクがない”と騒いでるあたりで時間いっぱいとなりました。

で、次回上映会の予定を立てちゃいました。

次回は、集中ヅカ上映会です!

おそらく「エリザベート」ばかり、いろんな組の、いろんな時代のを見まくる会となりそうです。

宝塚版「エリザベート」のBlu-rayは、とても多くの種類が出ていますが、出演者が違うと全然違う作品になります。 なので、参加者それぞれが持ち寄ったいろんなバージョンの「エリザベート」を見比べられるのです。

すごい!すてき!!(1日で何本観られるのか、という問題もあるw)

今から、トートは○○が一番かっこいい、ルキーニは○○、ルドルフは○○、ゾフィーは。。。なんて話が盛り上がりつつ、解散となりました。

そうそう、現役女優さんたちが「メイク道具持ってくるから、みんなで宝塚メイクしよう!」とも言ってたような。。。(汗)

11月から12月まで、合計4回ほど東京宝塚劇場に通って観劇した宙組公演『白鷺の城・異人たちのルネサンス』が千秋楽を迎えました。

さすがに私のようなにわかペーペーファンが千秋楽を観に行くことはできませんでしたが、宝塚公演は千秋楽のみ、全国各地のTOHO映画感で「千秋楽生ライブ中継」が開催されるので、本日、それを観てまいりました。

Blu-rayやDVDのような編集されたものではなく、生ライブです。なんとなく公演会場にいるような気分。

※ちなみに、なぜか宝塚では千秋楽を迎える前にBlu-rayが発売されます。

本番千秋楽は、閉演後の舞台挨拶もあります。(普段は、アンコールすらなし。閉幕したらそれで終わりです。貸切イベントなどはまた別だけど。。。)

今回は、本公演を最後に宙組を卒業する方4名、専科へ異動される方1名のご挨拶もありました。

なんかこう。。。感動しました(泣)

愛月さんがいなくなるの、寂しいなぁ。。。

2016年宙組『エリザベート』でのルキーニ役、メディアでしか見たことないけど、よかったなー。何度でも見ちゃう。

レンタル配信でずっと見てたけど、やっぱBlu-ray買っちゃおう。

。。。

それにしても、千秋楽のライブビューイング、いいですねー。お値段は5K円弱です。演目によってちょっと違うみたい。

来年2月の、

  • 宙組博多座公演『黒い瞳』『VIVA! FESTA! in HAKATA』
  • 雪組東京宝塚劇場公演『ファントム』

のライブビューイング中継に申し込んであります。前者は博多ですし、後者は非常にチケット入手が困難だそうです;

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報