気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

Archives for 8月, 2018

8月引き落としのメインカードの決済額がめっちゃ多くてWebで明細を確認したら、見知らぬ『BILL TUNES COM』の利用がひと月で8回も発生してました。

2018/07/30 BILL ITUNES COM 本人* 1回払い \ 11,800
2018/07/27 BILL ITUNES COM 本人* 1回払い \ 11,800
2018/07/25 BILL ITUNES COM 本人* 1回払い \ 11,800
2018/07/23 BILL ITUNES COM 本人* 1回払い \ 11,800
2018/07/13 BILL ITUNES COM 本人* 1回払い \ 11,800
2018/07/12 BILL ITUNES COM 本人* 1回払い \ 11,800
2018/07/11 BILL ITUNES COM 本人* 1回払い \ 11,800
2018/07/09 BILL ITUNES COM 本人* 1回払い \ 11,360

合計93960円。なんじゃこりゃ?iTunes ?使ってないよ?AppleID?使ってないよ?そもそもApple製品は社用スマホと古いWalkmanのみ。

この明細に気が付いたのが21時頃だったので、Appleサポートも電話受付時間対象外。メールによる報告(72時間以内に返信がくるらしい)か、指定日時の(Appleからの)電話予約受付のみ。

一方、カード会社の不正利用時のヘルプは、使われた会社へまず連絡してみろ、という案内。そりゃそうだ。

そしてこのサイトを発見。

iTunesでクレジットカードを不正利用される 21万2400円請求された顛末

そうか。不正利用の証拠がつかめれば被害額についてAppleはちゃんと返金してくれるんだな~。
安心しました。ありがとうございます。

  • Appleさんへ連絡

翌朝(今日)、Appleサポートのサイトを確認すると、昨日はメールか電話予約のみだったけど、日中は「すぐ折り返す電話」のリンクが用意されていた。そこに番号を登録するとすぐに折り返し電話がかかってきました。

が、かけてきたのは音声サポート。担当が空くまで音楽をお聞きくださいとの案内。お好きな音楽が選べますとのことだったけど、めんどいのでそのまま放置。約10分弱待たされたのち、担当の方とつながりました。(折り返し電話なので、長く待たされても電話代を気にせず余裕で待てます)

不正利用を伝え、聞かれたことを答え、いろいろと調査してもらいました。

「AppleIDが不正に利用されている形跡はありません」

そりゃそうだ。

前記のリンクの当事者はご自身のAppleIDにカード情報を登録していらしたので、AppleIDを伝えるのみで大丈夫だったようだけど、私はAppleIDは持っているものの、前述のとおりApple製品はほとんど使ってことがないし、当然、カード情報なども登録していません。AppleIDが盗まれたところで不正利用は発生しないと思われます。

なので、カード情報を口頭で伝えました。

すると、まったく別のAppleIDでそのカード情報が使われた記録があり、私が報告した明細日付と一致していたとのこと。

その後、担当者交代。そこで使われた状況、その後の対応の詳細説明するためとのことでシニアマネージャという人が出てきました。

「ご不安になられたことでしょう」

これはAppleさんのマニュアル通りの慰めなのでしょうか。お気遣いありがとうございます。

その後、

  • iTunes はじめ、AppleStoreでの当該カード番号購入は利用不可とする
  • カードを利用した不正AppleIDの利用を停止する
  • 不正に使われた利用料は返金する

ということをご説明いただき、処理をお願いしました。

  • カード会社へ連絡

返金されるのはありがたいけれど、コトはそれでは終わりません。

誰かがどこかで私のカード情報を使って買い物ができたということは、その後もその情報は利用可能なはず。カード番号を使えなくしていただかなくては。。。

ということで、カード会社へ連絡。Appleには連絡済で、返金も約束していただいた旨をお伝えし、今後の不正利用回避のためカードの再発行をお願いしました。

現在のカード番号は今日の時点で利用停止。新しいカードは1週間~10日で自宅に届くとのこと。

ってことは、その間、私はこのカードを使えません。メインカードなのに。公共料金、スマホなど、いろいろな支払いに使っているのに。めんどくさーーー!

と思いつつも、やらねばならぬことなのでしょうがない。

ま、ある程度いくつかの通販サイト(怪しいところはないw)に登録したカード情報がクリアになるということで、いいお掃除にもなることでしょう。

  • 不思議なこと発見

Web上のカード利用明細をみながらカード会社と電話でやり取りしていました。

カード情報を8回にわたって不正利用されたのが7月利用分明細。
それはすでに引き落とされたのが8月として支払い済み。

ここまではいい。

その後、9月以降支払予定の明細を眺めていたら

8月16日付で、また同様の支払いが発生していたのです!

しかし、なぜかキャンセルされていました。

2018/08/16 VISA国内利用 BILL ITUNES COM 本人 1回 ¥ 11,800
2018/08/16 VISA国内利用 BILL ITUNES COM 本人 1回 ¥ 11,800
2018/08/16 VISA国内利用 BILL ITUNES COM 本人 1回 ¥ 11,800
2018/08/16 VISA国内利用 BILL ITUNES COM 本人 1回 ¥ 11,800
2018/08/16 VISA国内利用 BILL ITUNES COM 本人 1回 ¥ 11,800
2018/08/16 VISA国内利用 BILL ITUNES COM 本人 1回 ¥ 11,800
2018/08/16 VISA国内利用 BILL ITUNES COM 本人 1回 ¥ 11,800
2018/08/17 VISA国内利用 BILL ITUNES COM 本人 1回 ¥ 11,360
キャンセルなど未精算合計: ¥ 93,960

これって、8月16日、17日にまた不正利用して、キャンセルしたってことなんでしょうか。
9月以降の支払い予定明細に入っていなかったので見落としてました;

それにしても7月利用分と同じ回数、同じ金額。。。なにこれ?

ちょうどカード会社と電話中に発見したことなので、伝えてみましたが「キャンセル情報はまだこちらには届いていませんのでわかりません」とのこと。

なんで?私が自分のカード管理画面で確認できているのに、わかりませんってどういうこと?

。。。謎だ。

なんで8月利用分をキャンセルした?

とはいえ、仮に心を改めてキャンセルしたとしても、知らない人が私のカード情報を知っていることには変わりないから、カード番号は利用停止にしてもらったけれども。

謎だ。

待ちに待った新作歌舞伎NARUTO。

同じく新作歌舞伎ワンピースで活躍した、坂東巳之助さんのNARUTOと中村隼人さんのサスケ。うーん、かっこいい(^^))

そもそもNARUTOは忍者の漫画なのだから、ワンピースよりも歌舞伎には向いているはず、と、かねがね思っていた。それが現実となったわけです。どうもありがとう!

さて、新作歌舞伎NARUTOは、原作のどのシーズンを題材にしたかが気になるところでしょう。

私は何も想像はしていなかったのだけど、『まさかね』とハナから除外していた結果が待っていました。

なんと、波の国が終わったあたりから、最後までです。漫画でいうと、5巻の途中から72巻までです。 えーっ、うっそー!って感じwww

さてさて、登場人物としては、

ナルト、サスケ、カカシ、イルカ、ヒルゼン(三代目)、自来也、大蛇丸、カブト、綱手、シズネ、ミナト、クシナ、コナル、ホムラ、一楽のおやじ、フガク(サスケ父)、ミコト(サスケ母)、ビワコ(ヒルゼン妻)、イタチ、鬼鮫、飛弾、角都、デイダラ、サソリ、トビ、マダラ、初代柱間、二代目扉間、大蝦蟇仙人(声のみ)、フカサク、九尾(声のみ)
※トビとマダラは、最初からマダラでまとめられてたような。。。オビトはいなかったっす。オビトを出すとカカシの物語もいれなくちゃいけなくなっちゃうからなぁ;

って感じかなぁ。他に誰か出たかなぁ。

ちなみに九尾は九尾としてのみ。腹を割った九喇嘛は出て来ず。最後はナルトとサスケが一緒に戦った、という感じでした。

ストーリーはとにかく詰めに詰められたものだったけど、名言的なものはきっちり押さえられてました。名言を言うキャラクタはちょっと違ったりすることも多々あったけれど、これも詰めている以上しかたのないこと。

原作をよく知るファンはこういう点に不満を言う人もいるんだろうけれど、同じく原作をよく知るファンとして、私は改めて歌舞伎として表現してくれたことに感謝する気持ちの方が大きいです。

そうそう!イタチの戦いの立ち回りがめっちゃスピーディーでかっこいい!と思っていたら、イタチ役の市瀬秀和さんは、ライブスペクタクル・NARUTOの「イルカ先生」役、兼、殺陣指導をやられてた方なんですね。かっこいいはずだ~。納得w

お弁当はナルト弁当。当然、ナルトが入ってますw

今月はほぼ毎週観に行く予定。

すでに2枚は消費済みですw

あと3回行きますが、この後はどういう感想が追加されるのか。何か新発見することがあるんだろうか。

 

以前より何度かご紹介している、たいちょうの自宅に作られたこだわりのリスニングルーム。音を聴くためにこんなにお金と時間と労力を使うなんて、もうほんとになんというか。。。

「聴く」ための部屋で「生演奏」をするとどうなるんだろう?ということで、今回、たいちょうはさらにライブスペースとして機材を拡張。

そして、私が応援する『BelkaStrelka』というグループをご招待し、ライブ実演していただきました。

するとどうでしょう!なんとまぁ。。。なんと言葉に表せばよいかわからないくらい、感動的でした。

やっぱり音を聴く部屋は、メディアから出た音だけではなく、生の音もめっちゃよく響くんですね。

私は、BelkaStrelkaのライブはあちこちのお店やホールで聴いているけれど、どこよりもいい音でした。楽器の音も、ヴォーカルも、すべてが調和してよく聞こえるのです。この部屋を作ったたいちょうご本人が感動するくらいでした。

すごいなぁ、環境って音楽にこんなに大きく影響するもんなんですね。

ここに録音設備が整ったら、さらにどんなに素敵なことか!

ただし、たいちょうのご自宅なので、録音中にセツ(サモエド犬)の声がコーラスとして入る可能性大ですけどね(謎)

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報