気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

Archives for 3月, 2019

たとう紙の紐って、最近はリボンっぽい紐だったりするけど、昔ながらの紐はこの紙紐。

そしてこの結び方。

これ1本を持ってピッと引っ張るとほどける結び方なのです。

リボン結びなんかより、なんだか古めかしくて、いい感じでしょう?

結び方を検索したら、こんなページを発見しました。

畳紙(たとう紙)の紙紐の結び方

これは、リボンタイプの紐がついているたとう紙には使えないかもね。

覚えたいなぁ。子供の頃は覚えていた気がする;;;

あ、でもそれ以前に、そもそも私はたとう紙にしまって大切に保管するような着物や帯を買うことはほぼ皆無に近く、普段着としてヘビロテするものばかりだから、仕立てあがって届いた着物も帯も、すぐに出してたとう紙は捨てちゃうんだった!!(爆)

そう、たとう紙、もったいないの。。。私に納品するときはいらないって言ってあげたい。

 

昨年、登喜蔵さんが新宿伊勢丹に初出展した際に入手させていただいた帯!

ようやくお仕立てに出し、仕上がってまいりました(^^)

最初は「かがるだけだから自分で仕立てようかな」なんて思っていたのだけど、やはり『登喜蔵』さんの帯なのでそんなに簡単に扱ってはいけないよなぁ(汗)

気合入れて仕立てないと。。。

と思うばかりでそんな時間と心の余裕は日々の生活の中で生まれることはなく、長い間もったいない時間が過ぎてしまいました;;

で、先日、藤工房さんのイベントが人形町で行われた際に「やっぱプロにお仕立てしてもらおう」ということで依頼したのです;;(最初からそうしろって;)

登喜蔵さんの反物は、帯も着尺も、染料から糸から、一工程、一工程をすべて手作業で作り上げられています。

人材不足の現代、AIだのRPAだので作業の自動化が次々の開発されている世の中ですが、こういう「人間の感性でしかできない手作業」はいつまでも大切に残っていってもらいたいと思います。

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報