気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

Archives for the day 水曜日, 5月 8th, 2019

絶不調が続いた連休前半だったけれど、後半は何とか持ち直し、予定通り『東京キモノショー』へ参加してまいりました。

詳細はいろんな人がいろんなところに記事を書いているので、ワタシからのレポートは割愛します(爆)

5日間のうち、ボランティアは3日間、ファッションショーへの参加が2件。

ワタシがファッションショー? なんで?
そう思うでしょう? 私もそう思います。

詳しくは、『藤井絞ファッションショー』と
花想容presents創作きものファッションショー』の動画をご参照ください。
※どっかに出てます。

東京キモノショー、それはそれはにぎわいました。

コレド室町4F、5F(4Fは受け付けだけなので実質は5Fのみ)で開催されましたが、初日はあまりの混みように入場制限が出たほど。

入場料が必要なのに、こんなにたくさんのお客様が来てくださるのだから、着物人気もすてたものではありません。

さまざまな展示がされているのだから、もっとゆっくりじっくり鑑賞できるよう、次回以降は広い場所で開催してもらいたいものです。

あまりの混みように、ろくに見ないままウンザリして帰ったお客様もいるはず。

彼らをちゃんとキープできればもっといろんなものの売上にもつながるはずですし、その時は買わなくてきっと心への種植えができるはずです。

次回以降、ますますの規模拡大を期待します。

さて、

↑ これ、私の写真なんですが(お目汚しすみません;)

花想容』中野さんの「偶然の秀逸品」となった着物と、
丹後の『登喜蔵』さんの帯、
そして、『小林染工房』で丹後ブルーで染めてもらった生地で作ったうそつき袖、
同じく小林さんの丹後ブルーの帯揚げ、
麻布十番の『マーブル・イン・ザ・ポケット』で作られた丹後ブルー帯留。

そう、着物と帯を自然色で押さえ、アクセントカラーをすべて丹後ブルーでまとめた装いです。

それぞれすべて作った方のお顔、想いがわかるのでそれも含めとても幸せな気持ちで着ることができました。

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報