気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

Archives for the day 日曜日, 9月 1st, 2019

Twitterのようにつぶやくシリーズ。

宝塚歌劇団雪組の 幕末ロマン『壬生義士伝』~ダイナミック・ショー『Music Revolution!』の東京公演千秋楽を観てきました。

『壬生義士伝』はよかったなぁ。ちゃんと時代劇になっていました。宝塚の和物は(そんなにたくさん見たわけではないけれど)全然腰の入ってない殺陣や刀捌きで『なんちゃって時代的』になることが多いけど、そんなに違和感はなかったように思います。

トップスターの望海 風斗さんをはじめ、彩風 咲奈さんはやっぱりかっこよかったなぁ~。歌がステキだし(私的に一番重要ポイント)

第二部の『Music Revolution!』は。。。ごめんなさい。寝ちゃいました(爆)

歌もダンスも好きなのになぁ。 直前に観た『ライオンキング』で感動しすぎて疲れちゃったのかなぁ;;

そうそう、今回なにより目を引いたのが 朝美 絢 さん。めっちゃかっこいい。ずっと見ていたい。

『壬生義士伝』ではクールな役で全編出っ放しだったからよかった。

でも『Music Revolution!』ではライブ中継でカメラにフォーカスされる人が限られていて、少し移るたびに「をっ!かっこいい!」と思うのだけど、ほとんどカメラに映ることはなかった。 だから寝ちゃったのかもな(爆)

見たい組子さんが、トップスター、トップ娘役、二番手、じゃない場合、この点がなかなかキビシイですよね。ライブ中継。。。

とはいえ、千秋楽のライブ中継を観るのが好きなわけは、終演後に退団する組子の送別イベント(組長さん挨拶、退団組子の挨拶)や、トップスターのご挨拶があるから。

こればっかりはメディアにも残らないし、この場でしか見られないですから。

Twitter のように呟いてみよう。。。

『ライオンキング』(実写版)を観ました。アニメ映画は見たことがあった。それがフルCGで実写化。

すでに観てきた知り合いによると「うん。実写化されたライオンキングだった。それ以上でもなく、それ以下でもなく」という感想だったので「ふ~ん」と思っていたのだけど、実際観てみたらめっちゃ面白かった。

なんというかなぁ。。。動画サイトで動物の動画を観て癒される人たちは絶対癒されると思うw

決して身近に飼うことは難しいアフリカの動物たち。そのリアルな姿を間近でずーっと見ていられる。幸せな時間だった~。

もちろん、物語もあるわけで、悲しくなったり感動したりと感情も忙しかった。

死んでしまったムファサ(父ライオン)の側でどうしたらいいかわからないシンバ。。。取りあえず横たわったその胸元に丸くなって納まる姿とか。。。猫だなぁぁぁ(ToT)

ワタシ自身も結構ガン泣きしながら観ていた。涙が出る出る(トシのせいで泣きやすくなってる、ってのもある)

動物ものは感情移入しやすいのであんまり見ないようにしてるんだけど、ライオンキングは切ないシーンは少なく、感動のハッピーエンドなのでよかった。

スカーは徹底的に困ったヤツなんだけども、それでも「動物性善説」を信じる私としてはなんとか和解できないものかと思うところがちょっと悲しい。

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報