気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

今日は少し気温が例年通りになりました。
なのでデニム着物。これもそろそろ打ち止めかな。

正絹の袷の普段着着物を着ても良いのだけど、どれもこれもハッ掛けが危うい。

ハッ掛け交換は、だいたい材料費+お仕立て代で2M円くらいかな。一般サラリーマンにはなかなか厳しい。

だいたい正絹の着物を着てるということは、シルクの上質ブランドワンピースを着てるようなもの。それもめっちゃ通勤、仕事着として。

んでメンテ代にそんなにかかるんじゃ、広めようにも決してオススメはできないなぁと思います。

もちろん、私はそれを承知で好きで着てるんですけどね。気楽な独り身だし、残さなければならないものもないから。

本来、着物というのは、何度も仕立て直して長く長く着られるというのが良いところなのだけど、それは家で普通に仕立てられるお母さんたちがいた頃の話で、現代のこんな調子じゃやっぱりセレブたちのための高級品としてしか残らないんだろうなぁと思います。

なんかネガティブなこと言ってるなぁ。
私は着物を着続けますよ。

Leave a comment

Name: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報