気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

着物繋がりでもあり、歌の先生でもある、ミュージカル女優・松岡美桔さん出演の『ミュージカル・アワード』という舞台を見てきました。

今から5年後のブロードウェイ、ミュージカルの祭典、トニー賞の授賞式のお話。 候補となっている4つのミュージカルの製作シーンを織り交ぜながらのストーリー。それぞれの製作シーン、作品への思い入れなどが表現されていて、感動させていただきました。

美結さんは”ヒット・ミュージカル「ハロー・ドーリー!」の続編ミュージカルを、引退した往年の大スター、メアリー・ハットン”の役。一時は清掃(老)婦として暮らしを立てていた元ミュージカル女優が、復活主演で上演した新作ミュージカルでトニー賞にノミネートされる。そして主演女優賞を獲得!!思わずウルウルしちゃいました;;

舞台作品にありがちな『中だるみ』も全く感じないままあっという間に終わっちゃった。もちろん、感動とともに。

とても素敵なよい舞台でした。

Leave a comment

Name: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報