気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

東宝版エリザベート、いわゆるウィーン発祥の世界的ミュージカルは、昨今日本でも毎年のように上演されています。

ですが、私は特に接する機会もなく、観に行くことも興味を持つこともなかったのだけれど、ここのところ「宝塚歌劇団」にはまってしまったのをきっかけに「宝塚版エリザベート」を知ってしまい、それ以降すっかりはまってしまいました。

最初に観たのは、1998年宙組公演。楽天TV【宝塚】プレミアムプラン
※つまりオンデマンド動画配信

トート: 姿月あさとさん
エリザベート: 花總まりさん。

いや~、トート、かっこいいっす!
退団後の姿月あさとさんの歌唱動画はYoutubeにもたくさん上がってます。片っ端から見てます。

次に、今現在応援している宙組の2016年宙組公演のBlu-rayを購入。

トートは、朝夏まなとさん
エリザベートは、実咲凜音さん。

もともと、朝夏まなとさんはそーんなに好きじゃなかったんだけど(すみません;)、トートのまなざし、表現力、長い腕のしぐさ、取り回しなど、なんともなんとも美しい。見飽きない。

それとルイージ(愛月ひかるさん)がすごく好き! なんだろなぁ、あの味はあの人ならではのものではないかと思います。

そんなに知見が広いわけではない素人意見だけれども、とにかくあのルイージはずっと見ていたい、聴いていたいと思います。途中のアドリブも楽しいw

こちらは購入したBlu-rayディスクなのでさっそくMP4に変換し、持ち歩き用動画にして、スマホ、タブレットでいつでもどこでも見られる状態にしました。※自分専用なので不正コピーだのなんだの、とやかく言われる覚えはありません。

次に、宝塚でのエリザベート初演、1996年雪組公演のBlu-rayを購入(20thアニバーサリーディスク)

トートは、一路真輝さん
エリザベートは、花總まりさん(1996年と同じ)

一路真輝は、女優さんになられてからのお姿しか知りませんでしたが、これまたとても素敵なトートです。

ルキーニ(轟悠さん)をみて「ハンサム~」と思い、
ゾフィー(朱未知留さん)をみて、ちょっと笑ってしまいました(謎)
いや、素敵なゾフィーです。うん。
素のお姿写真をネットで探してしまいました(少し安心しました(謎))

これまたMP4化してバシバシ見てます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

取りあえず、今のところ繰り返し繰り返し仕事中以外はほぼ全日見ている(タレ流している)んじゃないかと思われる「宝塚版エリザベート」。

今のところBlu-rayディスクをもっているのは宙と雪の2本のみだけど、これからもう少し増やす予定。エリザベートばかり。アホちゃうん?って思いますが、私、はまるとこうなるんです;

購入予定としては、やはり姿月あさとさん版を持ち歩きたい。

あとは、2009年月組の瀬奈じゅんさんのトートを強く勧められています。

あとは、2014年花組の明日海りおさんトートかな。

取りあえずオンデマンド動画をレンタルして拝見し、何度も見たい!と思ったらBlu-rayを購入することにします。

そうそう、東宝版エリザベート。次回は2019年6月から3か月に渡って上演されるそうです。

東宝版は宝塚版とは全然違う解釈(?)で作られているそうです。
※というか、本来東宝版の方が正しい「ミュージカル・エリザベート」なんだけれども;

主演のエリザベートは、(宝塚版の主演はトップスターが演じるトート)

元宝塚の花總まりさんと、
去年2018年に月組公演でエリザベートを演じられた、愛希れいかさん。

きっと観に行きます。帝国劇場!

とにかく私は今「エリザベート」に夢中。

物語自体にもはまっており、現在、宝塚の演出家・小池修一郎さんの小説も読んでいるところです。

ある意味、宝塚版演出の予備知識にもなるので、宝塚版エリザベートが好きな方は是非オススメします。

そうそう「エリザベート」という映画もレンタルDVDで観ました!

※これは、ハンガリー王妃になってバンザーイ!というおめでたいところで終わり、エリザベートの人生の苦悩などにはそんなに触れていなかったような。。。でも世界観はわかりました。そうそう、ゾフィーもそんなに意地悪じゃなかったですw)

ーーーーーーーーーーーーーー

宝塚版のエリザベート本人は、2回死に掛けて生還します。

実は私にも過去2回、完全に死んでもおかしくないバイク事故から何故か生還してしまった経験があります。

そういう意味でもなんとなく惹かれるんです。エリザベートの人生に。

『死を身近に感じながらも今を生きる』、みたいなw

私の場合、トートの愛によって生還したのではなく「お前なぞいらん」と黄泉の国から追い返されたんだと思うんですけどね(爆)

Leave a comment

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報