気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

この2月、宙組は博多座公演でした。

さすがに貧乏人の私は博多まで出向くことはできませんが、ここでも何度も行っているように、今の宝塚公演は「映画館」で観ることができます。

ってことで、今日は渋谷のTOHOシネマズに行って、公演を観てきました。

公演内容の詳細は、公式ページにてご参照ください。
ミュージカルプレイ『黒い瞳』/スーパーレビュー『VIVA! FESTA! in HAKATA』
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/kuroihitomi/index.html

ここのところ、2018年『エリザベート』、1996年『エリザベート』、つい先日の雪組『ファントム』、2016年東宝版『エリザベート』を延々と観て(というか、聴いて)いたので、久しぶりに「今の宙組」の公演を観た気がします。

私の勝手な感想:

いや~、やっぱり真風さんはかっこいい!
どこの組のトップスターもそれぞれかっこいいけど(内緒だが一部そうは思わない人もいる;)、真風さんはダントツかっこいい。

どうやら素の真風さんご本人は、めっちゃ女子力の高い人らしいのだけど、舞台上でのカッコよさから信じられないほどのギャップ。

男役としてギラギラしてないところも好き。ちょっとシャイっぽいところがあるし「俺ってかっこいいだろ?」的なところもない。

身長も高いし、声も素敵。歌も特徴があって素敵。

なんだか、昔の真風さんは歌に問題があったとか、ダンスがどーだとかのよくない噂があるけれど、昔を知らないから全然気にならないし、向上したのならそれでよし。立派なことです。

トップスターらしく、かっこよさげにアピールなんかもしているのだけど、それもかっこいいんだけど「む、むりしないで;;」と思ってしまうww

※それでも2016年の『エリザベート』の時よりはずっと自然になってると思うw

まぁとにかく、真風さん以外の宙組トップスターは今のところ想像できないっす。

そして今回の公演は、愛月ひかるさんの宙組卒業公演でもあります。

愛月さんも好きだなぁ。『エリザベート』のルキーニもすごくかっこいい。身長もあるし、見た目もめっちゃステキ。”黒い”衣装やお髭をつける役が多いせいか『黒』のイメージがあるかも。今回も黒い人でした。あ、お衣装がw
人間はすごくいい人の役。愛月さんにピッタリだと思いました。

今後、専科に異動になるそうですが、愛月さんを今後もずっと見ていたい私としては、専科行きは賛成。好きなだけ宝塚で楽しんでほしいと思うから。(何故そう思うか、等の細かいことは面倒だから省略;)

今回は宙組二番手の芹香さんが別の公演に出演するため欠席。

そのため愛月さんが二番手を演じ、桜木さんが三番手を演じたということになるのかな。

桜木みなとさんはルックスが「細身の美少年」だから、これまではなんとなく「薄幸の美少年役」(薄幸だからなぜか途中で死んでしまう;;)が多かったのだけど、今回はめっちゃやな奴の役。

やな奴(悪役)ってのは、太っちょも細身の人もいるからなんの不自然さもなかったし、さすがだなぁと思ったけど、やはり応援しているジェンヌさんが悪役ってのはイヤだなぁ、とド素人なことを考えてました。

それにしても金髪の桜木さん、舞台上で見つけやすくて楽だったw

ライブ中継は、定点カメラだから(ズームや引きはあるけれど)、動きの速いジェンヌさんのダンス中は誰が誰だかわからなくなることが多かったんだけど、今回は金髪で助かりましたw(すぐ見つけられた)

娘役トップの星風まどかさんも、更に素敵になってました。

初めて見たときは「めっちゃ可愛いけど、可愛すぎない?大人の女の役とか、大丈夫?」と思ったものだけど、今やそんな心配は全然いらないジェンヌさんですねー。

「真風さん、大好き!」って雰囲気も感じられて見てて幸せな気分になれます。
—–
私は昨年の「天は赤い河のほとり」から宙組公演を観るようになったのだけど、最近はだいぶジェンヌさん個人を見分けられるようになりました。

それでもあまり人の顔を覚えるのは得意じゃないので、まだ全然わからない人もたくさんいます(すみません;)

そんな中、とても印象深くて「この人なしでは成り立たないなぁ」といつもチェックしてしまうのが、純矢ちとせさん。

なんだかわからないけど、すごい存在感ですごい安心感。
私、この方が大好きです。

そして寿つかささん。宙組の組長さんでもあります。この方も絶対見逃さない。出てこられると必ず「あっ!」とチェックしてしまいます。なんだろ、これもやっぱり安心感w

そうそう、そして今回「すごいなー、こりゃ、くるなぁ~」と思ったのが(何をいまさらと怒られそうだけど)和希そらさん。

かっこいい!歌うまい!ダンスうまい! んでも残念!身長がちょっと。。。;

という感じ。でも長所はその1点の弱点を十分カバーしているんじゃないかと思われる。

そうそう他の組を見ていても思うんだけど、あまり身長が高くないトップスターさんは、もう少し上げ底をしてあげてもいいんじゃないかと思うんだなぁ~。。。

そりゃ、コケたら一大事だけども、それを言うなら、あの大階段だって危険を承知で使ってるのでしょう?

背の低いトップスターは引きで観たとき、頭が大きく見えちゃうんですよねぇ。

そうそう、ワタシみたいに「脚延長」するって手もあるね(爆)

私は右足のひざ下を4cm伸ばしました。骨を切って、骨が再生しようとしているところを1日1mmずつ伸ばすことでどんどん再生距離を長くしていき、適当なところで伸ばすのを停めるとその長さまで骨が伸びてくっつくという。。。

ちなみに私の場合、事故で腐ってしまった骨の代わりに移植した骨を伸ばしただけなので保険が適用されました(移植の時に片足だけ短くなってしまったので)が、美容整形で両足やろうとすると保険が利かないのでちょっと高額になるそうだけど。。。

なんてそんな大変なことをやれとはもちろん言いませんが、今の世の中そういうこともできますよって話でした。

Leave a comment

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報