気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

昨年、登喜蔵さんが新宿伊勢丹に初出展した際に入手させていただいた帯!

ようやくお仕立てに出し、仕上がってまいりました(^^)

最初は「かがるだけだから自分で仕立てようかな」なんて思っていたのだけど、やはり『登喜蔵』さんの帯なのでそんなに簡単に扱ってはいけないよなぁ(汗)

気合入れて仕立てないと。。。

と思うばかりでそんな時間と心の余裕は日々の生活の中で生まれることはなく、長い間もったいない時間が過ぎてしまいました;;

で、先日、藤工房さんのイベントが人形町で行われた際に「やっぱプロにお仕立てしてもらおう」ということで依頼したのです;;(最初からそうしろって;)

登喜蔵さんの反物は、帯も着尺も、染料から糸から、一工程、一工程をすべて手作業で作り上げられています。

人材不足の現代、AIだのRPAだので作業の自動化が次々の開発されている世の中ですが、こういう「人間の感性でしかできない手作業」はいつまでも大切に残っていってもらいたいと思います。

Leave a comment

名前: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment:

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報