気分次第でいろんなこと。勝手な独り言なのでお気にされませんよう。

外付けのBlu-rayディスクを繋げて、添付のソフトをインストして起動したら固まった。

しょーがないからPC再起動したら再起動中のメッセージでまた固まってしまった。

しょーがないから電源長押しで強制的に電源落とした。

そしたらもう二度と通電しなくなった。

そりゃま、壊れるわな、という状況なので諦めよう。

ダメダメオペレーションをしたのは自覚している(爆)

HDDの中身が残ってたらいいなぁ。

ま、電子データは消えるのは一瞬。

ダメだったら諦めるしかない。

重要情報はオンラインstorageにある。

HDDに残してるのは『消えたらまた作る、あるいはインストールすればいっか、時間かかるけど』的なもの。

ある意味、断捨離。

さ、次のPCはどんなのにしよっかな。

予定外の出費だけど、帯より全然安い(;^o^)

このキレイなピンクは貝紫です。綾の手紬染織工房の木綿チーフでこんな素敵なものを作ってもらっちゃった!

吊り下げ用金具のついたがま口だから、ぺたこさんの金具を使えば、腰ひもにぶら下げられますね

(^_^)v「材料があまったから」とティッシュケースまで 。。。

キレイです。これは商品化して売るべきです!ってオススメしちゃった。

嬉しいなぁ(( *´艸`)

ありがとうございます!

梅雨が近くなって涼しくなるのはありがたいけれども、やはり雨は憂鬱ですねぇ。。、
洗濯物が干せないよう。

洗いたい着物も何枚もあるんだけどなぁ。

そうそう、私は着物は夜に洗ってベランダに干して、朝、直射日光が当たる前に取り込んでしまい、室内干しに変更。それ以外の洗濯物をベランダに干してから出勤するのが日常です。

あ、洗う着物があるときは、ですけど。

深夜帰宅が続くとそれもなかなかできませんけどね。

洗う着物はざっくり本だたみにして、着物用洗濯ネットにセット。きっちりとは畳みません。どのみち、洗濯機でグルグルしてるとずれちゃうし、ずれないくらいきっちりしてると、逆に洗えてるのか?と不安になるしw

1分程の脱水で仕上がったら、また水をためて、改めてビチョビチョにします。シワを取るためです。

んで、干すときはプラダン(プラスチックダンボール)の板にピッチリ貼り付けて、要所要所を洗濯ばさみで止めて干します。ビチョビチョのまま、縦に洗い張りしてる感じ。ここで生地の伸びや縫い目の歪みもちゃんと真っ直ぐにします。

これで木綿着物も麻着物もノーアイロンできれいに仕上がります。

ふふふ。

by 圭

朝から予測気温が27度とか言われると、もう迷いなく麻着物を選んでしまう。

なるべく「明らかに清涼感のある夏物」っぽくないのを選ぶのが精一杯です。

by 圭

デュオ結成当時から、可能な限りライブに通い、応援している『Belkastrelka』というギター&ヴォーカルコンビ。

黛圭くんという、なんとなく不思議な詩と曲を書くギタリストと、清水由季さんという、女優兼歌い手のお二人が、この度FirstAlbumをリリースしました。

これまではギター一本、たまにピアノやチェロなどのゲスト演奏者もいたけれど、それでも十分素敵な演奏だったけれど、なんとなく曲のよさがわかるようなわからないような、すごい曲だなぁと思いつつも、よすぎてわかりにくい、受け入れられにくいんじゃないかと思ってました。(ごめん!)

ところがところが、ミュージシャン28人参加、すべて生演奏によるレコーディングという作品に仕上がると、こんなにもカッコいいものになるんだなと、驚きました。

圭くん(あたしじゃないぞw)、すごい!

由季さん、すごい。

いつもはWalkmanでみゆきさんの曲のみ、延々と垂れ流して聴いているのだけど、今はBelkastrelka の曲を聴き続けています。

心地いいし、飽きない。マジで。

4月15日、由季さんのお誕生日にレコ発ライブで、圭くんは「気が滅入るから食事時には聴かないように」とか、ワケわかんない自虐的コメントをしてたけど、全然そんなことないwww

少しずつ情報が出てきている新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』

サスケがあれで、マダラがあれってことは、あの辺のシーンからおそらく最終感動シーンまでが題材なのだなぁ、と推察。

ライブ・スペクタクル『NARUTO』が1つの舞台の中にあれだけの中身を詰め込んだのだから、歌舞伎の方もすごく詰め込むんだろうなぁ。どこからスタートするのかが興味深々w

新作歌舞伎『ワンピース』ができて、『NARUTO』がないのは絶対おかしいと思ってたから、めっちゃ楽しみ(^^)(^^)

まだ4月だけど、こんなに暑いと綿麻の出番ですよね、まだ4月だけど(再) ただし、透けない素材に限る。

ただ、会社の中は暑くない。場所によっては冷房直撃でむしろ寒い。だから羽織るものが必要です。

麻の上っ張りがいいかな。

最近、毎週金曜まで体力が持たないなぁ。

明日は引きこもり日。ゆっくり寝ようっと。

久留米絣というと、ン十万というめっちゃ高いイメージがあったけど、機械織りならばとてもとっつきやすいお値段です。

ってことで、貝紫の帯に合いそうな紫の久留米絣を発見。

ふふふ。

※白い点々の縦線は染めですが、国の工芸品指定要件を満たしている経(たて)糸の久留米絣です。

by 圭

今日のランチは、会社があるビルの二階にある『京都勝牛』というお店。

ビル外にあるお店に行こうと思ったけれど、足元が草履ではなく社内履きのアーチフィッターサンダルなことに気づき、恥ずかしくて外に出られない、という理由でそのお店に(^^ゞ

席についてランチメニューを見ていたら、お店のお兄さんがやってきて、
「これ、お客様の忘れ物じゃないですか?」
と何かを差し出した。。。

それはなんと!藤工房ときくちいまさんコラボの和裁道具手拭い

私、ここに置き忘れたんだ?

前にこの店に来たのはずいぶん前だったような気がします。私のことは(いつも着物で目立つから?w)覚えていて下さってて、今日店に入って来たからすぐに取ってきてくれたのですと。

んまぁ、なんと優しい(^o^)

確かに、ここんとこ、この色は二枚持っていたはずだけど、一枚しかないなぁと思っていたところでした(^^ゞ(^^ゞ

手拭いは便利なのでいつも複数枚持っていて、その日は全然気づかなかったんだろうなぁ。

そして、そのお兄さんは、たかだか手拭い一枚だけど、あまりにも持ち主が明確にわかる忘れ物だから処分するのも躊躇われたのだろうなぁ。

どうもありがとうございます。
なんだかこういうお気遣いは嬉しいですね。

ランチで行く頻度をあげようっとwww

by 圭

 

About Author

Keikei, living in Tokyo with a cat named Teto as my cute family.

メタ情報