月組『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』 ミュージカル 『ピガール狂騒曲』~シェイクスピア原作「十二夜」より~

月組公演を観るのは初めてです。

第一部の『WELCOME TO TALARAZUKA』は、出演陣全員が和装で舞台を埋め尽くし、

♬Welcome! Welcome! Takarazuka~

と歌いまくり、それはそれは盛り上がる出だしで気分も高揚しました。

そしてこの演目、プロデュースが坂東玉三郎さんだそうで、衣装、踊り、音楽共に

「玉三郎さんっぽい~~!!」

と感激しました。

大御所ジェンヌ・松本悠里さんの素敵な踊りも鑑賞できました。

第二部は、『ピガール狂騒曲』。お芝居です。

月組は初めてなので、トップスター以外はあまり知らない方ばかり。。。

でも素敵なジェンヌさんはたくさんいました。

月組トップスター・珠城りょうさんは、次作で退団と発表されているので、次期トップスターになるのは誰なのかなー?誰が一番かっこいいかなー?(判断基準はそこか?w)と思いながら拝見しました。

席は2階席ど真ん中。

新型コロナ対策で、生オーケストラがいないので、舞台と銀橋の間に渡り橋がかけられていました。

こんな利用方法もあるんですね。